少しは反省した

9月5日(火) 雨時々曇り 夕方晴れ

雨の日は納屋の片付けを。
バタバタと引っ越しした晩に夫が突然死し、何が何だか分からないまま次々と押し寄せる日常の中で、ともかく今急ぐものを最優先に走ってきた。
納屋や通路に積み上げられた引っ越し荷物は手つかずのまま埃をかぶっている。
夫の書棚など、まだまだ触れないものも多いが、この始末は誰がするわけでもなく自分の仕事。

昨年は、シン・ゴジラを観に行ったなぁとか、可愛いお皿を買ったなぁとか、自分を励ますために必死だったことを思い出す。
今年は少し落ち着いて、必死で励まさなくてもゆっくり歩いている感じがする。
画像
画像

午後から敬老会の踊りの練習に二人やって来た。
お嫁さんも赤ちゃんも一緒に賑やかに練習した。
画像

山の二人はよく頑張る。
一人は夫がこの冬に肺がんの手術をした。
もう一人の夫は認知症が進んだ。
毎日の泥まみれの山の暮らしから年に一日だけきれいなドレスで踊る。
父さんも見に来るからと頑張る二人がいじらしい。
画像

一人はサツマイモの葉の茎をたくさん持って帰った。
皮を取って料理するととても美味しい。
大阪で料亭をしている甥っ子に送るのだそうだ。
葉を取って揃えるのは認知症の夫の暇つぶしにちょうどいいらしい。
画像

ケアマネさんが来た。
昨日、悪友桃太郎から緊急の依頼で10月21日に福祉施設にフラボランティアに行くことになった。
そこは小高い山の上に施設が点在しており、21日は秋祭り行事で一般に開放する。
踊りは、特養、老健、デイサービス、ケアハウス、グループホームなど各施設それぞれを回るそうで、すべてをこちらの都合に合わせるからと頼まれ、私の事情を知っている悪友桃太郎も断り切れなかった様子。

いくつかの問題があるが、一番は母。
最寄り駅まで高速バスでも3時間、そこから施設まで30分以上かかる。
日帰りとしても往復の時間を考えて金土日の2泊3日のショートを利用しないといけない。
しかし、21日は土曜日で利用しているショート2カ所はすべて満杯で断られてしまった。
終業間近のケアマネさんに泣きついて探してもらったら、近くにこの春オープンの施設に空きがあった。
そこは家電企業が母体で何もかもその企業の製品のために利用料が高く、それで空いていたのだろうという説明だった。
どんなに高いか分からないが、空きがあることが最優先で仮押さえしてもらった。

次の問題は、私は翌22日に隣町の文化会館でステージがあり、これは穴を開けられないので絶対に21日の夜には帰っていないといけない。
高速バスの最終便だと到着が夜10時過ぎて疲れるし、何より始発便到着が11時では、前日から行ってホテルに泊まっていないとボランティア開始10時には間に合わない。

そこへ息子が帰ってきた。
明日から3泊で埼玉出張なので早く帰ってきたのだろう。
ダメ元で頼むと送迎を引き受けてくれた。
ついでにボランティアにも参加して楽器を叩いてくれるらしい。

何て酔狂だろう。
橋も渡る高速料金にガソリン代、母のショート2泊料金払ってボランティアに行くかなぁ。
親を施設に預けて他人の施設に踊りに行くかなぁ。
家庭のある息子まで付き合わせて。
昨夜は少し反省した。

で、今日、ケアマネさんが明るくやって来た。
何と、高いはずの企業の施設は加算が少なくて安かったのだそうだ。
新しくてきれいだしお料理も美味しいです、良かったらこちらにシフトも考えましょう、と。
そりゃあ、家電企業のシステムキッチンでのお料理がまずいのはまずいでしょう。

ボランティアは自分で仕切るのは大変だが、お客で行くのは楽ちん。
出費にはなるが喜んでもらえるし、気晴らしにもなるから、ま、いっか。

悪友桃太郎、調子に乗って「お祭りマンボ」の振付を作ってだと。
あれって、最後は家が焼けたり泥棒が入ったりで散々な終わり方だけど、いいのかなぁ…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック