敬老会&施設ボランティア

9月18日(月) 台風一過

気持ちよく晴れた。
画像

オクラは傾き、コーンも傾き、モロッコの支柱代わりのコーンは折れた。
あれだけ接近した台風は珍しいが、水浸し以外でこのくらいの被害で良かった。
画像
画像
画像

久しぶりに母がショートに出かけた。
思えば10晩連続在宅だった。
今日は踊りに行ってあげるからね、美空ひばりの川の流れのようにを踊ってあげるからね。
母は嬉しそうに歌った。
やっぱ、美空ひばりはすごい。

ドレスにアイロンをかける。
アイロンをかけて気持ちを引き締める。
山の敬老会でも施設ボランティアでも見てもらうのは緊張する。
画像

悪友桃太郎が来て準備を整え、昼前に出発した。
母の施設は2時からと決まっているので、ズルズルできない。
お嫁さんもみーすけもドレスアップしているが、どうなることやら。
画像

敬老会の会場は山の中、バスの終点、徒歩で上がる。
この段階でみーすけが泣き叫び、お嫁さんと二人は脱落。
画像

1曲目パパリナラヒラヒ、踊り始めに音が出ない。
音出しを確認していなかったのでボリュームを絞ってしまっていた。
いきなり途中から音が出た。
出だしからバラバラになったが、立ち直って何とかなった。
こういうのは、なかなか焦る。

山の二人は頑張っている。
ここの敬老会に来始めて7回目になるが二人とも上手になった。
認知症の旦那さんも来ている。
画像
画像

プログラムが最後の「銀座のカンカン娘」になり、全員が踊り始めた。
2番になってトラブルが起きた。
CDが音飛びし、同じ場所を繰り返し始めた。
仕方がないのでマイクで歌いながら踊った。
これが大受けで盛り上がったが、冷や汗が流れる。
カンカン娘だから歌えたけど、これがハワイ語のパパリナラヒラヒとか英語のブルーハワイのときだったら完全にアウトだった。

CDは昨夜大急ぎでプログラム順に焼いたものだが、思えばマックスで焼いた記憶がある。
焼きが薄いので飛んだのなら、次の施設でもそうなるかもしれない。
一旦家に帰って焼きの濃いCDを予備に持って行くことにした。
2時開始の5分前に施設に到着した。
派手な衣装で車を降りたのが私だと分かると、今朝迎えに来てくれた職員さんが大笑いした。
いつまでも呵々大笑で、一緒に大笑いしてしまった。

ショートとデイの合同で60人ほど並んでいた。
母も車椅子で前列にいた。
嬉しそうに手を振っている。
ここはリハビリ専門のデイサービスなのでしっかりしていて元気。
ショートの人は、さすがに弱っている。
リクライニング車椅子で意識朦朧の人もいる。
画像

CDのトラブルは私の「川の流れのように」で起きた。
差し替えてからはCDのトラブルは起きなかった。
が、悪友桃太郎がプログラムを間違えて違う衣装を着て待機しており、これには焦った。
急遽、違う踊りを入れて時間を稼いだ。
娘が縫った巾着袋を全員に配った。
全員と握手して、ボランティアは終わった。

こんなトラブルだらけのボランティアは初めてだった。
が、また来てねと声をかけられ、美空ひばりが良かったと喜んでもらえた。
その一言で報われる。
施設は気を遣って菓子箱を無理矢理持たせてくれた。
ボランティアは無償が基本でもらわない主義だが、あまり断るとややこしいので受け取り、皆で分けた。
帰るとき、母の姿は見えなかった。
きっと、職員さんたちが踊りの話をして母を喜ばせてくれることだろう。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック